中古車で開業に失敗するのは型にこだわりすぎているから!

目安時間:約 7分

中古車ビジネスを開業して失敗する人はかなり多いです。

 

 

そりゃビジネスですから、成功や失敗もあるわけです。

全員が全員成功するものではありませんからね。

 

 

ただ、特に中古車ビジネスを開業する人は型にはまりすぎてるんです。

まさに思い込みってやつですね。

 

 

今日はそれについてお話しします。

 

中古車で開業に失敗する人の特徴

 

中古車販売で開業する為にはお店が必要!

駐車場が必要!

店舗が必要!

資金が必要!

あれが必要!

これが必要!

 

 

 

これが失敗する人の考え方です。

基本的に考えが凝り固まっているんですよね。

 

 

皆が必要って言っているから必要なんだろう・・・。

皆がそうしているからそうなんだろう・・・。

 

 

こういう考え方では、差別化なんてできないですよね?

 

 

100歩譲って展示場や店舗を用意したとして、

ディーラー系の中古車販売店より大きい規模の店舗は持てないですよね?

 

ピカピカの店舗に工場を併設なんてできないですよね?

 

 

じゃあ、できる限りの出資と融資を受けて中途半端な店舗と、

中途半端な展示場を借りて、中古車が売れるんですか?

 

 

展示場に並べるために中途半端に中古車を仕入れてきて、

資金繰りが火の車・・・

 

まさに本末転倒です。

 

 

 

結局、中古車を販売するために必要なのは、

仕入れを出来る場所だけです。

 

オークション仕入れができればいいだけ。

あとは、あったらいいというレベルです。

 

 

そして一番必要なのは店舗でも展示場でもないですよね。

 

 

一番大事なのはあなたを信頼してくれるお客さんの確保ですよ。

 

 

 

あなたを信頼してくれる人がいれば店舗がなくても車は売れるし、

信頼してくれる人がいなければ、立派な店を構えても無駄!

 

 

店舗も展示場も何のために借りるのか本質を理解してないと

宝の持ち腐れですよ。

 

 

店舗や展示場ってお客さんの信頼を得るための

ツールに過ぎないんですよ。

 

 

綺麗な店舗でおもてなししたり・・・

展示場でピカピカの中古車を前にお話ししたり・・・

 

 

全てお客さんを満足させて信頼感を

高めるための演出にすぎません。

 

 

逆にお客さんがすでにあなたのことを知っていたり、

人づてにあなたの事を聞いていたら、中古車は売れます。

 

 

最初から立派な店舗を構えたり・・・

車を大量に仕入れたり・・・

展示場を構えたり・・・

 

 

もちろん資本金があって当面のやりくりに余裕があるなら、

店舗を構えて展示場も構えるのもいいでしょう。

 

 

でも、今のご時世にそれほど資金に余裕のある状況も

なかなかない話だと思いますので・・・。

 

 

 

じゃあ、どうすればいいのか?

それは非常に簡単です。

 

 

まずは自宅の一室で開業するしかないですよね。

 

 

そんなんで新規のお客さんが来るわけないだろ!

っという人もいますが・・・。

 

 

先ほども言ったように店舗があっても来ませんから(笑)

 

 

店舗があれば・・・とか、

展示場があれば・・・など。

 

状況のせいにしてる限り、開業しても失敗は目に見えてます。

それなら今できることを考えるべき。

 

 

私はそうしましたから・・・。

それも副業で・・・。

 

 

お店があればお客さんは集まると勘違いしている人や、

お店がなければ中古車ビジネスができないと考えている人は、

ちょっと型にはまりすぎですね!

 

 

もっと柔軟に考えてくださいね。

 

 

それこそ、副業からスタートさせるなんて、

当たり前のようにできるんですから・・・。

 

それが一番失敗する確率が少ない方法ですよ。

 

 

まずは最小限のリスクで試す!

それでいけそうなら投資する!

 

 

これって当たり前の事ですが、

なぜか起業するとなると気が大きくなる人が多いんですよね。

 

 

リスクとチャンスをはき違えると、

とんでもない目に合うので、気を付けてくださいね。

 

 

プロフィール

当時の給料では生活が苦しい事から副業で中古車販売ができないかと模索し続け、副業で中古車販売や中古車輸出を可能にする。

⇒プロフィールはこちら

中古車副業パーフェクトガイド

まさかの順位に!?

カテゴリー
最近の投稿