中古車オークションの参加資格とは!?あり得ないほど高すぎる壁!

目安時間:約 6分

中古車オークション会員になれば、

中古車を扱う商売が自由に始められます。

 

ただ、一般人が簡単に入会できないように、

中古車オークションの規約はかなり厳しいものになっています。

 

中古車オークションの参加資格とは!?

 

古物許可申請は必須!

ここは実際に気になるところだと思います。

まず必要な申請は、

 

「古物許可申請」

 

これのみです。

 

法律にもかかわってくる部分なので、

古物許可が下りていない人は商売はできません。

 

 

当然中古車仕入れの場でもある、

中古車オークションの入会もできませんので、

もし古物許可申請が終わっていない人は

先に古物許可申請を行う必要があります。

 

 

こちらの記事を参考にしてください。

古物許可申請は中古車を扱うなら必須条件!

 

 

中古車オークションの参加資格

 

次に古物許可を受けていたとしても、

中古車オークションの参加資格としては以下が主流です。

 

 

・古物商許可証を受けてから1年以上を経過していること

・常設の展示場と事務所を有し、営業活動をされていること

・連帯保証人をご用意いただけること

・保証金10万円を預託いただけること

 

 

まず参加資格として古物許可申請を受けてから、

1年というのが厳しすぎる規定になっています。

 

副業でやるなら、最悪1年間待つという事も可能です。

 

我慢を強いられることにはなりますが、

それで困ることはありません。

 

 

ただ、起業を夢見ている人にとっては、

最悪な規定です。

 

そもそも起業して1年間も仕入れができなければ、

生計を立てていけなくなりますよね?

 

起業したての会社がそんなに体力があるはずもないですし・・・。

ただ、ここは中古車オークションの規定に従うしか方法はありません。

 

 

私の場合は、興味本位で数年前に古物許可申請を行っていたので、

それが功を奏しました。

 

当時から中古車オークションには興味があったのですが、

この規定があったため一度断念しています・・・。

 

 

中古車オークションの参加は現車オークションに限らない

 

ただ、中古車オークションの参加資格に見合うまで

私のように断念する必要はありません。

 

実は古物許可が下りてからすぐに入れるような、

業者専用のインターネットオークションもあります。

 

実は中古車オークションには大きく分けて、

2種類のサービスがあります。

 

現車オークション

名前の通り、中古車が所狭しと並べられている

中古車オークションのことです。

 

実物の中古車を自身でチェックしたのちに、

入札や応札を行う一般的なスタイルです。

 

 

インターネットオークション

各オークション会場と連携してインターネットにより、

現車オークションのセリに参加できるサービスのことです。

 

各オークション会社独自でインターネットオークションを展開していますが、

それとは別にインターネットオークション専門の会社もあります。

 

 

 

まずはインターネットオークション専門会社の会員になる

 

このインターネットオークション専門の会社の入会資格は、

古物商許可が最低条件な事がほとんどです。

 

なので、古物商許可さえ下りてしまえば、

インターネットオークション専門会社を介して、

中古車オークションから仕入れを行う事も可能です。

 

インターネットを介してやり取りを行うので、

 

 

・中古車の下見

・会場への出入り

 

 

これは当然禁止されていますし、IDカードもないので、

会場に入る事すらできません。

 

ただ、インターネットオークション専門会社の会員になれれば、

制限付きではありますが、中古車オークションに参加が出来るのです。

 

インターネットオークション専門会社は全国各地の中古車オークション会場と

繋がっていますので、100を超える中古車オークションから

仕入れが可能になります。

 

これは積極的に活用して、1年間はその状態で販売を続けていきましょう。

 

プロフィール

当時の給料では生活が苦しい事から副業で中古車販売ができないかと模索し続け、副業で中古車販売や中古車輸出を可能にする。

⇒プロフィールはこちら

中古車副業パーフェクトガイド

まさかの順位に!?

カテゴリー
最近の投稿