オートオークションに一般人を連れていくのはリスクが高すぎる!

目安時間:約 7分

オートオークションに入会をすると、

いくらでも中古車の下見が出来るようになります。

 

さらに一般的な乗用車でしたら何台でも同じ車種があるので、

いろいろと見比べることもできるわけです。

 

ただ、オークション代行のような販売形態だと、

どうしてもお客さんに見せることが出来ない。

お客さんとしては購入前に車を見たい。

 

そこで、オートオークション会場にお客さん同伴で

来るような業者もいます。

 

今日はこれについてのお話しです。

 

オートオークションに一般人はNG!

 

オートオークションの規約では一般人を連れて

会場に行くことは禁止されています。

 

なので、下見のためとはいえ、

会場に同伴で連れていくのはNG。

 

それはオートオークションでは当たり前のルールとなっています。

おそらく一般人同伴でいける会場はないでしょう。

(日本全国の会場に足を運んだわけではないのでわかりませんが・・・)

 

 

しかし、お客さんは下見ができないと

どうしても買ってもらえないというケースがあります。

 

当然と言えば当然の主張ですよね。

自分が購入するものが見れないのは不安ですから。

 

 

そこで方法として2パターンに分かれるわけです。

 

・お客さんをオートオークション会場に連れていく

・きっぱり断るかきちんと納得させる。

 

 

ちなみに私は今まで1回もお客さん同伴で言ったことはありません。

なぜなら、リスキーすぎるからです。

 

 

というのも、私は副業でオートオークション会場に出入りできる方法で

なんとかオークション会員になったわけです。

 

なので、オートオークション会員になるのがどれだけ大変だったかを

身をもって味わっているわけです。

中古車オークションの参加資格とは!?あり得ないほど高すぎる壁!

 

 

お客さんを連れていって万が一発覚した場合に

会員としての資格を失う可能性がある事は絶対に避けなければいけません。

 

そしてビジネスとしても、一般人を連れていって商売するというスタイルは

ルール違反を犯しているわけで、適正な運営ではありません。

 

目先の利益に眼がくらんで、規約違反を犯すのは私のスタイルではありません。

 

 

ただ、中古車販売業者の手引きで

一般人がオークションに紛れている事はよくあります。

 

そういう人はオークション慣れをしていないので動きでもわかりますし、

そもそも恰好や雰囲気でも一般人とわかります。

 

 

パーフェクトガイド実践者は絶対NG

一般人が紛れ込んでいる場面を何回かみると、

 

「自分もお客さんを連れてくればいいのか!」

 

と思ってしまうかもしれませんが、それはNGです。

 

副業でオークションに入会したという事は、

私と同じようにそれなりに苦労して会員になったはずです。

 

それをわざわざ棒に振るような真似はしないようにしてください。

 

 

それにお客さんを連れてこないと成約出来ない程度という事は

そもそもの信頼関係も築けていないということ。

 

それなりに信頼関係が構築されていれば、

あなたに仕入れを完全に任せてくれるはずです。

 

どちらにしろ、同伴をするような真似はしないようにしてください。

 

特にパーフェクトガイド実践者はそのような規約違反をしないように、

副業とは言え、まっとうな商売を心がけてください。

 

 

逮捕される会員もいる

ちなみに余談なのですが、

オートオークションで逮捕される会員もいます。

 

オートオークションでは色んな車が所狭しと並べられていて、

鍵がかかっていない車両もあります。

 

そういう車両から部品を盗む会員もいるのです。

 

簡単に外せてなおかつ高額なパーツなどですね。

ちょっとした出来心のような感覚で盗むんでしょうね。

 

まるで、少年の万引きレベルですが、

もちろん立派な窃盗罪です。

 

そういった会員が摘発されるケースは、

全国のオートオークションを合わせると年に数回あります。

 

 

 

さすがにこんなバカなことをするとは思えませんが、

このような事はしないようにしてください。

 

 

また、中古車を出品する時は、

ナビリモコンやナビディスク、SDカードなどの

付属部品等は後日引き渡しにするようにしてください。

 

大事にはなっていませんが、実は

そういう細かい部品を持っていかれるケースも多いです。

 

出品票に後日引き渡しとして記載しておけば、

付属部品もあることが伝わりますので、

実物を付けていなくても十分です。

 

 

結局、自分の身は自分で守るように

ルールや規約に則って活動するようにしましょう!

プロフィール

当時の給料では生活が苦しい事から副業で中古車販売ができないかと模索し続け、副業で中古車販売や中古車輸出を可能にする。

⇒プロフィールはこちら

まさかの順位に!?

カテゴリー
最近の投稿