中古車販売をローンで組むには?クレジット会社に連絡するな!

目安時間:約 6分

中古車販売業をしていると、どうしてもローンを

組まなければいけない場面も出てきます。

 

 

しかし、副業でやっていると簡単には提携店になれません。

そんな私の経験をお話しします。

 

 

中古車販売のローンの仕組とは?

わからない方もいるかもしれませんので、

簡単にご説明します。

 

基本的に中古車販売店がクレジット会社と提携している場合、

ローンを組んだ時点で、中古車販売店とクレジット会社双方に利益が発生します。

 

例えば、年利9%として、クレジット会社には6%。

中古車販売店には3%の利益が入る仕組みです。

 

さらにローンを組む際の手数料なども利益になるわけです。

 

 

このような仕組みにするためには、

クレジット会社との業務提携が必要になってきます。

 

 

中古車ローン会社に審査を申し込んでも・・・

 

中古車販売をアパートや自宅の1室で行う場合、

提携できるクレジット会社はほぼ0%です。

 

 

すべての会社に申し込んだわけではないので、

はっきりとは言えません。

 

 

ただ、中古車販売の中で思いつく限りの数社には

片っ端から審査を申し込みました。

 

 

でもほぼ審査に合格することはありませんでした。

それどころか半数は返事すらない状態・・・。

 

 

一社だけ契約できましたが、参考にならないので、

この話はしないでおきます。

 

 

 

なので、クレジット会社との業務提携はあきらめてください。

そんなことをしなくてもローンは組めますから。

 

 

中古車販売でローンを組む方法

 

中古車販売でローンを組む方法としては、

 

 

・お客さんに直接ローンを組んでもらう

 

 

これしかありません。

その方法としては2つ。

 

銀行ローン

 

お客さんに直接銀行でマイカーローンなどの審査を

通してもらうのです。

 

 

あなたには割賦手数料などは入りませんが、

この際、そのような手数料利益は考えないでください。

 

まずは中古車を売ることが第一優先です。

 

 

この方法であれば、あなたがあれこれ動く必要はありません。

見積書を作成して、渡してあげればいいだけです。

 

 

実際に私もこの方法で何度も場をしのいだことがあります。

それに銀行ローンにもメリットはあります。

 

 

なんと言っても最近の銀行ローンは金利が低いです。

 

 

クレジット会社の金利よりもはるかに低いので、

お客さんの為にもなります。

 

 

むしろ私はローンをお願いされたら、

 

「銀行の方が安いよ?」

 

と教えてあげていたほどです。

 

 

もちろん仕入れ前の事前審査も可能なので、

ローンをするなら事前に審査してきてもらうのがベストです。

 

 

契約なしのクレジット会社

 

契約せずにローンを組むこともできるクレジット会社もあります。

 

簡易的な審査のみでお金を貸してくれるので、

スピードを重視したい場合にはおすすめです。

 

 

 

ただ、デメリットとしては、

金利があり得ないほど高額です。

 

 

 

おそらくこのようなローン契約は、

10%以上の金利を請求されるでしょう。

 

販売する側には関係の無い話ですが、

お客さんの事を思うと、あまりお勧めの方法ではありません。

 

しっかりとお客さんに確認してから手続きをしましょう。

 

 

 

最初のうちはローンは出来るだけ避けたほうが無難です。

 

副業なので、こちらも事業資金が乏しいですから、

なにかあっても対応できません。

 

最初はこの記事のような方法で販売することが望ましいですね。

 

中古車の開業資金はどうする!?出来ることをするだけ!

 

 

プロフィール

当時の給料では生活が苦しい事から副業で中古車販売ができないかと模索し続け、副業で中古車販売や中古車輸出を可能にする。

⇒プロフィールはこちら

まさかの順位に!?

カテゴリー
最近の投稿