中古車のチェック方法

目安時間:約 3分

中古車をチェックするにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

 

専門的な知識や道具などが必要になってくるのでしょうか?

 

実は専門的な知識も、道具も特に必要ありません。

 

中古車をチェックするときに必要になってくるのは日常点検レベルの点検をしっかりできるかどうかということです。

 

 

日常点検というと教習所などでさらっと習ったことのある方も多いのではないでしょうか?

 

実はあの程度の点検をきちんとできるようになることが大事なのです。

 

エンジンオイルの状態、灯火装置の状態、タイヤの状態などなど、特に知識が無くてもできますよね?

 

実際に自分でみる習慣がなく、整備工場に点検を出すだけなので、はじめから自分ではできないと思っている方が多いようですが、ディーラーなどで行っている普通乗用車の6ヶ月点検などは日常点検レベルの点検なのです。

 

言い換えれば、日常点検をきちんとできるようになれば、6ヶ月点検をださなくてもいいのです。

 

12カ月定期点検と違って、普通乗用車の6カ月点検は義務ではありません。

 

 

日常点検の方法がわからないという方は、今乗っているクルマのメンテナンスノートを読んでみてください。

 

各メーカーが日常点検のやり方をメンテナンスノートに記載しています。

 

中古車のチェックというとものすごく専門的なことから始めたがる方がたくさんいるのですが、専門的な車両チェックにはそれこそ、専門的なツールが必要になってきますし、知識も必要です。

 

そのような車両チェックをしたい場合は、整備工場に持ち込んだほうが早いでしょう。

 

まずは基本的な日常点検のやり方をマスターしてください。

 

中古車の外装が凹んでいるとか内装が汚いとかはオークションの出品票などと照らし合わせてみればわかります。

 

内外装のチェックは特にコツなどなくても出来ると思いますので、まずは日常点検レベルの整備を勉強してください。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ