オートオークション入会

目安時間:約 4分

古物商許可証も無事に手元に届いたらいよいよオートオークションに入会する手続きをしましょう。

オートオークションは各運営会社によって入会条件は異なりますが以下の条件が一般的な入会条件になっています。

 

「古物許可証を取得してから1年以上経過していること」

「常設の店舗又は展示場を有し営業していること」

「連帯保証人をご用意いただけること」

 

どれをみても副業でやるにしては厳しすぎる条件です。

 

そもそも古物商許可証を取得して1年以上経過ということはその1年間はどこで車を仕入れればいいのでしょうか・・・。

 

常設の店舗や展示場も用意できません・・・。

 

連帯保証人くらいならなんとか用意できそうと思ってみたものの、一般的にオートオークションの連帯保証人というのは不動産所有の連帯保証人ということなので、不動産所有している知り合いがいなかったりもします。

 

オートオークションは高額な車両をやりとりする場所なので、ある程度支払い能力や信用がしっかりしている法人や個人事業主を対象にしているので条件も厳しいところが多いです。

 

しかし、方法がないわけではないのです。

 

いまや全国に大小合わせて130以上ものオートオークション会場があります。

 

そしてどこのオークション会場も新規会員は喉から手が出るほど欲しい状態なのです。

 

特にオークション会場の営業マンは新規会員を増やすことが仕事です。

 

なので、方法としてはまずは営業マンに相談することが第一です。

 

もしかしたらあなたの心強い味方になってくれるかもしれません。

 

万が一、最初のオークション会場に冷たくあしらわれても全国に130以上もオートオークション会場はあるのですよ?

 

ここまで言えばもうおわかりですね(笑)

 

また、通常の正会員とは違い、現金会員という事で入会を認めてくれる会場もあるかもしれません。

 

通常、オークションで車両を落札した場合は決められた期日までに振込をすればいいので、落札車両をその日のうちにオークション会場から搬出できます。

 

しかし現金会員の場合、先に精算を済ませないと落札車両を搬出できないのです。

 

車両を落札した当日でもオークション会場で車両代金を精算できますが、高額な現金をオークション当日に持ち歩く人はあまりいないでしょうから実質的に後日搬出になるわけです。

 

その他にもオートオークションで仕入れを行う方法は色々とありますので、またの機会にお話します。

 

中古車販売にオートオークションは欠かすことのできませんので、是非会員申請してみてください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ