中古車輸出でよくある詐欺メール

目安時間:約 3分

中古車輸出を始めて色んな方とメールのやり取りをするようになると必ず迷惑メールなるものが届くようになります。

 

メールを扱う商売をするのであれば日本でも必ずと言っていいほど届きますよね。

 

ただ海外からくる迷惑メールは明らかにウィルスメールと判断できるものからなかなか出来のいいものもあって油断はできないです。

例えば一度もやり取りをしたことのない相手から次の文章が来た場合。

 

「お宅の商品を買いたいから添付ファイルを見てくれ!」

 

99.9%迷惑メールですね。

 

お宅の商品を買いたいって言ってる時点でどんな輸出業者にも使いまわせるじゃないですか。

 

私は中古車を扱っていますが例えば水産物輸出業者だったり缶詰輸出業者だったりどんな相手にも使える言い回し方ですよね。

 

つまり文章を変えずに色んな輸出業者に送り付けることができるわけですよ。

 

こんなメールはすぐにゴミ箱行きですね!

 

逆に非常に判断に迷うメールが次の文章。

 

「お宅のホームページを見てメールをしたんだけど、車両リストを添付するからリストに載っている車を売ってくれ!」

 

知り合いの海外バイヤーからのオファーでもよくある流れですよ!

 

さぁ、この場合あなたはメールを開きますか?開きませんか?

 

開けば凶悪なウィルスメールかも知れない・・・

 

開かなかったら実はちゃんとした大口のオファーだったかもしれない・・・

 

さぁ、正解はどっちだと思いますか?

 

真剣に考えてみてください。

 

 

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 




メルマガ画像
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:お塩さん

国家2級自動車整備士資格を持ち整備士歴11年以上のベテラン整備士。給料の少なさから中古車の副業を始め、現在は中古車副業のノウハウを広めている。

⇒詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ