中古車の不具合チェック

目安時間:約 2分

車が故障したときにディーラーだったりモーター屋さんに車両を持っていくと思いますが、故障診断ってどのように行っているかご存知ですか?

昔ながらの「整備士の経験と勘」というのも必要は必要なのですが、今の時代はほとんどの車両がコンピューター診断機にて故障診断をしています。

 

さてこのコンピューター診断機ですが、どのようなことができるかというと・・・

 

・総合的な故障診断・不具合個所の絞り込み

・コンピュータープログラムの書き換え

・電子キーの登録

・車両データーの閲覧

 

などなどほかにもいろいろとできるわけです。

 

さてこれだけの機能を兼ね備えているのだから、これさえあれば誰でも故障診断できるんじゃないかと思われがちいですが実際はそうじゃないんです。

 

例えば故障診断で使用したとします。

 

センサー不具合の状況まではコンピューターがチェックしてここらへんが悪いよーって知らせてくれるのですが、その先の細かい箇所の診断はエンジニアが判断しないといけないんですね!

 

車両データーを見ながらの故障診断などではそもそもデーターは全て数値として出てくるので、どの数値が正常でどの数値が異常かの知識がなければ判断のしようがないわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 




メルマガ画像
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:お塩さん

国家2級自動車整備士資格を持ち整備士歴11年以上のベテラン整備士。給料の少なさから中古車の副業を始め、現在は中古車副業のノウハウを広めている。

⇒詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ