オークション会場(出品)

目安時間:約 2分

オートオークションでは車両の仕入れの他に、車両の出品をすることができます。

 

車両の出品をするときはオークション会場のコンダクターを介して価格の調整を行います。

 

競りがスタートしてから「売切り」となるまでは出品者はコンダクターに価格を指示して、あたかも競りによって価格が上がっているように見せかける事ができるのです。

 

車両相場を調べないで適当に応札してしまうと、誰も応札していないような価格帯まで引き上げられていることに気づかずに落札してしまうという事もあり得るのです。

 

下の写真は出品者が見る画面ですが画面のマス目はオークション会場内を模しています。

 

 

P1020530.jpg2

 

Aレーンのマス目内が数か所赤く光っているのがわかると思いますが、これはオークション会場でポスボタンを押して応札している人がいることを表しています。

 

つまり出品者はこの赤く光る数や反応を見ながら価格の調整をし、自分が満足いく価格まで上げてから「売切り」とするのです。

 

ちなみに「売切り」となってからは価格の調整はできませんので、単純に応札している人同士の競り合いになります。

 

これがオークション出品の概要ですがオークション会場によってまだまだ細かいルールなどがありますので注意しましょう。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 




メルマガ画像
管理人プロフィール
プロフィール画像

管理人:お塩さん

国家2級自動車整備士資格を持ち整備士歴11年以上のベテラン整備士。給料の少なさから中古車の副業を始め、現在は中古車副業のノウハウを広めている。

⇒詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
メタ情報

ページの先頭へ